英語力を活かせる!インターナショナルスクールの保健室の看護師・保健師求人募集

英語力を活かせる!インターナショナルスクールの保健室の看護師・保健師求人募集

日本には現在インターナショナルスクールと呼ばれている外国人向けの学校も存在しています。もちろん外国人向けの学校ということではあっても、日本人でも入学は可能になっているのですが、このような学校にもやはり保健室が存在しているので、看護師や保健師の求人募集を行っています。もちろん一般的な学校と同じく保健の先生という扱いになるのですが、問題なのは外国人ばかりの学校になっているということです。

 

ようするに、外国人は日本語ができない人も多いので、看護師や保健師として就職する場合、英語ができないと採用してもらえない傾向にあるのです。英語ができれば問題ないというわけでもないのですが、中には英語がわからない外国人もいるので、いろいろな国の言語が話せれば話せるほど面接では有利になるものの、やはり基本となる言語は英語となっています。

 

最近ではインタナショナルスクールが増えている傾向にあるので、その分求人数も増加傾向にあります。まだ地方にはあまりインターナショナルスクールは見かけませんので、都心部を中心に存在しているという特徴を覚えておきましょう。待遇などは一般的な学校で勤務する保健の先生とそれほど大きく変わってはいません。

 

インターナショナルスクールで働く看護師・保健師の仕事内容

インターナショナルスクールで勤務する看護師や保健師の仕事内容は、一般的な小学校や中学校に勤務する保健の先生と一緒です。病気やケガをした生徒が来たら応急処置をして、その後は保健室で安静にしているのか、病院へ行くのかを判断します。病院へ行く場合には救急車の手配なども行う必要があります。

 

健康診断の時には学校へ来た医師や看護師の補助を行いますし、場合によっては身体測定などを手伝うこともあります。さらに保険だよりの作成なども行っているので、やはりパソコンを使えることが、英語力と同じぐらい必要になるでしょう。インターナショナルスクールの生徒は基本的に日本には慣れていないので、応急処置などをする時には安心してもらうためにもしっかりとコミュニケーションを取ることが大切です。