埼玉県の大学・専門学校の求人【保健室の先生になりたい看護師・保健師向け】

埼玉県の大学・専門学校の求人【保健室の先生になりたい看護師・保健師向け】

埼玉県は関東地方において東京を含む7都県に隣接していて、非常に利便性の高い県になっています。そのため人口も多く、4年制の大学は45校、短期大学は14校、専門学校は97校あります。

 

このうち埼玉大学、埼玉県立大学と国公立大学は2校あります。私立大学も獨協大学や城西大学、文教大学などをはじめとして、マンモス大学にはほとんどの場合、保健室が設置されています。

 

専門学校も97校あります。このような大学や専門学校での健康管理業務全般は、看護師や保健師にとても人気があります。というのも、大学や専門学校の保健室や健康管理センターは、病院のように夜勤や残業はありませんし、土曜出勤や大学のイベントの関係でたまに日曜出勤はあるものの、基本的には規則正しい生活が送れます。

 

また、ほとんどがデスクワーク中心となるため、体力に自信がなくなってきた時など、長期的な展望に立てば、長く勤められるというメリットがあるため人気があります。ところが、それだけ人気があるために、離職率も非常に低く、なかなか正職員としてのポストが空かないという現実があります。

 

埼玉県のすべての大学や専門学校に保健室や健康医療センターが設置されているわけではありませんが、設置しているところでは看護師や保健師の求人を随時出しています。「保健室の仕事は楽でいいかも」と考えるのはちょっと安易かもしれません。確かに夜勤や救急などはありませんが、保健室の年間の利用者は平均4,000人にも上りますし、怪我や病気の緊急対応者は30件以上もあります。

 

こうして見てみると、決して楽な仕事ではないことがわかるのではないでしょうか。ですから、埼玉県の大学や専門学校では、保健室での看護師や保健師の求人の場合、「紹介予定派遣」をとっている場合が多くあります。紹介予定派遣とは、ある期間(最高6ヶ月)の派遣でその期間が過ぎ、お互いに仕事ぶりや条件、職場環境に納得ができれば、そのまま正職員として働くというシステムで、最近人気のある勤務スタイルです。