保健室の先生として働く看護師・保健師の給料

保健室の先生として働く看護師・保健師の給料

保健室の先生として働く場合であっても、当然給料は誰もが気になる事なので、しっかりと確かめておかなくてはいけません。そこで保健室の先生の給料について見ていきたいと思いますが、保健室の先生を大きく分けると2種類に分類する事ができます。

 

それは学校保健師や学校看護師などと言われている大学や専門学校などで、養護教諭の資格が無くても仕事ができる場合と、養護教諭の資格が必要になってくる小学校や中学校、高等学校で保健室の先生として勤務する場合です。まずは養護教諭の給料について見ていきますが、基本的に養護教諭の給料は、他の一般教員の給料と変わらない事が多いようですが、勤務する学校によって多少金額が変わってきます。

 

小学校で仕事をする場合には、大体平均月収が40万円から45万円前後となっているのですが、あくまで平均的な月収なので、役職についている人や、長い期間勤務している人はもっと多くなるでしょうし、若くて経験の浅い人であれば、もっと安くなっているでしょう。
ちなみに中学校も小学校と殆ど変わらない月収となっていて、年収に直すと大体700万前後が平均的となっています。では、高等学校の場合にはどうなるのかというと、高等学校の場合は小学校や中学校よりも給料が高くなっている傾向にあるので、同年代で同じぐらいの経験数であれば、月収にして2万円から3万円ぐらい高くなっているのが一般的です。ちなみに養護教諭の初任給は、年収が400万円から450万円ぐらいとなっている事が多いようです。

 

今度は養護教諭の資格が不要な大学や専門学校で働く保健室の先生についてですが、大学や専門学校で仕事をしている保健師や看護師も、養護教諭とそれ程給料に差はありませんが、若干安くなっている傾向にあります。また、私立大学に勤務するか、公立大学に勤務するかによっても多少給料が変わってくるのですが、公立大学の場合はそれ程養護教諭と差がある訳ではありません。ただ、私立大学の場合には、勤務条件などによって給料に差が出てしまう事が多くなっています。