看護師・保健師が保健室の先生として働くメリット・仕事の魅力

看護師・保健師が保健室の先生として働くメリット・仕事の魅力

看護師や保健師の人が、学校で保険の先生として働くには、それなりのメリットや魅力があるからなのですが、学校で保険の先生になりたいという人には、どのような人が多くなっているのでしょうか。また、どのようなメリットや魅力があるのか見ていきたいと思います。

 

通常学校の保健室で仕事をする場合には、1人で勤務する事が多くなると思いますが、大抵保健室にこもるような感じで仕事をする事が多くなっています。その為、病院やクリニック、福祉施設などのような大勢で仕事をずっとしてきたので、できれば1人で仕事をしてみたいという考えの人が、学校の保健室で仕事をしたいと思っている事が多いでしょう。

 

大勢で仕事をするのがあまり好きではないという人には、保健室の先生として仕事をするのに憧れてしまうという人もいると思いますが、その反面大変な事もたくさんあります。もし何かトラブルを起こしてしまえば、全て自分の責任になってしまいますし、特に小学校などは風邪が流行る季節になると、ベッドが足りなくなる事もあるでしょう。昔は丈夫な子供が多かったので、まずベッドが埋まる事はありませんでしたが、最近の子供は抵抗力があまり無いので、ベッドがいっぱいになる事もあります。そんな時の対応なども大変だという事を知っておくべきでしょう。

 

そして保健室で働く先生の最大の魅力、メリットは勤務形態ではないでしょうか。夜勤はありませんし、残業も少なくて済みますし、休日もしっかりと休む事が可能な上に、給料も良くなっているので、待遇の良さがとても魅力的と言えます。

 

更に子供と接する事が大好きな人や、やりがいのある仕事に就きたいと考えている人には向いている仕事と言えますし、看護師や保健師としての仕事だけではなく、指導する立場にもあるので、教師という職業に憧れていたという人にはかなり魅力的な仕事と感じるでしょう。学校にも色々な種類があるので、最も魅力的に感じる学校を選び、充実した仕事ができるようにしたいものです。