保健師から保健室勤務の養護教諭になるには

保健師から保健室勤務の養護教諭になるには

保健師が学校に勤める場合には、よく学校保健師などと言われている事があるのですが、学校保健師というのは、基本的に養護教諭の免許が必要なく、看護師や保健師の資格だけで勤務する事ができる大学や専門学校に勤めている保健師に対して使われるべき言葉です。

 

しかし、一般的に学校保健師と呼ばれているのは、大学や専門学校だけではなく、小学校や中学校、高等学校で仕事をしている保健師にも使用され、もっと広域には幼稚園や保育園で仕事をする保健師に対しても使われている事があります。

 

当然このような分類は人間が決めた事なので、自分でわかりやすく解釈すれば良いのですが、知っておくべき事は、小学校と中学校、高等学校の保健室で仕事をする為には、養護教諭の資格が無いとできないという事です。よって保健師から保健室勤務の仕事に変えたいと考えている人は、看護師と同様に専門の機関でしっかりと勉強し、養護教諭の試験を受ける事ができる資格を取得する必要があります。

 

その為、大学や専門学校の場合は教師ではなく保健師という立場になるのですが、小学校や中学校、高等学校で仕事をする場合には、保健師ではなく教師という立場になっているので、ただメンタルケアやケガなどの応急処置だけではなく、健康面や衛生面の指導なども必要になってきます。養護教諭を目指しているという人は、最低でも保健師か看護師の資格のどちらかと、養護教諭の2つの資格を保持している事が絶対条件となるので、その為には看護関連の勉強だけではなく、しっかりと指導力を身に付ける為の勉強も必要になってくるのです。

 

よく職人などが、自分1人で仕事をこなせるようになって半人前で、未経験者の素人を半人前に育て上げる事ができて一人前だと言う事がありますが、一般的な保健師の場合には、管理職となる事で後輩や部下の指導を任されるのが一般的です。それに対して養護教諭の場合には、子供を相手に教育を1人で行う必要があるので、責任も重大ですし、大変な事がたくさんあるのですが、それができなくては保健師から養護教諭にはなれないという事を覚えておきましょう。