専門学校の保健室の看護師・保健師求人募集

専門学校の保健室の看護師・保健師求人募集

どのような学校であっても保健室は必ずあるので、保健室に勤務する先生は絶対に必要な存在となっています。よって専門学校であっても、保健室に勤務する看護師や保健師の募集を行っているのです。しかも専門学校の場合には、大学と同じく養護教諭の資格がなくても就職できる職場なので、比較的人気があります。

 

ただし、専門学校も大学と同じく数が限られているので、病院やクリニックのように、求人が多数存在しているというわけではありませんが、大学よりも倍率が低くなっている傾向にあるため、大学の保健室よりは就職しやすいと言えるでしょう。また、近年では手に職をつけるため、高校を卒業した後などに専門学校へ通う人も多くなっています。

 

よって専門学校の数は昔に比べて増えている傾向にあるのですが、若い人の数が減少しているため、それほど求人数が多くなっているというわけではありません。やはり専門学校も人口が多い地域に存在していることが多いので、都心部で求人が多くなっている傾向にあります。

 

仕事内容は一般的な保健室勤務と同じ

専門学校の保健室で勤務する看護師や保健師の仕事は、他の学校で勤務している保健室の先生とそれほど仕事に違いはありません。基本的にはケガや病気をした時の応急処置、健康診断の補助、せっけんやトイレットペーパーの補充などが一般的ですが、専門学校に通っている生徒の場合には、最低でも中学生以上となっているため、15歳以上であることは確実です。また、他の学校のように部活があるというわけではないので、ケガや病気をして保健室に来る生徒は少なくなっているのが特徴です。

 

よって他の学校に比べると、専門学校は比較的働きやすくなっているということが言えるのですが、絶対に保健室へ生徒が来ないとは限りませんので、万が一の時にはしっかりと対応できるだけの経験と知識は必要となります。さらに保健だよりの作成なども行わない場合が多いので、特にパソコンの知識がなくても問題ない場合もあるのですが、学校によって多少変わってくるため、やはりパソコンは使えるようにしておくべきでしょう。