企業内医務室 - 保健室の先生として働きたい看護師・保健師におすすめの関連求人

企業内医務室 - 保健室の先生として働きたい看護師・保健師におすすめの関連求人

学校保健室と並んで人気が高い「健康管理専従業務の求人」として企業内医務室の求人があります。

 

企業内医務室での看護師や保健師の仕事は、一般の企業の従業員の健康管理にたずさわるものです。具体的な仕事としては、健康診断のお手伝いをしたり、産業医師からの指示に従って治療の補助を行ったりします。怪我や病気の応急処置的な仕事もありますが、ほとんどはデスクワークといっていいでしょう。

 

特に学校保健室の先生と大きく異る点としては、働く人を対象とした「メンタルケア」や「健康指導」があり、それに応じた専門的な知識も必要になってきます。

 

学校の場合と同様に求人数は少ない

こうした企業内医務室に勤務する看護師や保健師は、大手の企業には正社員として90%以上常駐しているのですが、中小企業となると置いていないことが多かったり、パートなどの非常勤として雇っていたり、事務員を兼任しているといった働き方をしている看護師もいます。

 

こうした事情のため、企業内医務室勤務の看護師や保健師は、他の医療看護師に比べると非常に少ないといっていいでしょう。また、一般企業と同じ待遇で夜勤や休日出勤といったものも基本的にありませんから、家庭を持っている人の場合、医療看護師よりもやりやすい環境になるため、非常に人気があるため、倍率も高くなります。

 

企業内医務室に看護師や保健師として採用されるためには、実務経験者の方が有利と思われがちですが、その点は企業の方針によって異なるので一概にはそう言えません。企業によっては「やる気」や「フレッシュさ」を重視したり、自社色に染めやすい「未経験者」を優遇する場合もあります。

 

ビジネスマナーやパソコンスキルが身につく

企業では、健康診断を行った場合には、そのデータ管理や報告書作成、個人への診断結果の作成など、ほとんどがパソコンで作成します。最低でもエクセルやワードといったソフトは使いこなせた方がいいでしょう。また、あくまでも一般企業の一員として、ビジネスマナーもきちんと守れるようにしましょう。